妊婦健診妊娠中毒症貧血など妊娠中の異常を早期発見するためにも大切なことです。
妊娠中の悩みや不安を解消して、ゆったりとした気持ちで出産に臨みましょう。
後藤産婦人科 0957-20-8123
診療のご案内
施設のご案内
妊婦検診のご案内
入院のご案内
各種教室のご案内
お問い合せ
トップページ
個人情報保護方針
サイトマップ
緊急避妊法指導
男児産み分け相談
ホメオパシー治療

後藤産婦人科
〒856-0813 長崎県
大村市西大村本町364
(陸上自衛隊大村駐屯地前)
TEL:0957-20-8123
FAX:0957-20-8124

当サイトはリンクフリーです。
リンクの際はメールでご連絡いただければ幸いです。


妊婦健診のご案内
妊婦健診の必要性

妊婦健診は、母児共に妊娠経過が順調であるかをチェックするとともに、妊娠中の異常(妊娠中毒症・貧血・他)を早期に発見し、治療し、無事出産するために、最低限必要なことです。
この他、あなたの持つ悩み事や、不安を解決させ安心して出産できるよう、又医師や助産師、看護師との信頼関係を作る意味においても必要ですので、ぜひきちんと受けましょう。


妊婦健診の内容

1.尿検査
2.体重測定 3.血圧 4.腹囲、子宮底測定 5.腹部エコー
必要に応じて  6.腟部エコー 7.内診(初診時及び妊娠37W以降) 8.血液検査

妊娠前期・・・ 血液型、貧血検査、梅毒反応、トキソプラズマ抗体、風疹抗体、血糖、HBs抗原、希望者の方にHIV、クラミジアの検査も行います。
妊娠後期・・・ 貧血、血糖、希望者の方にATL(成人T細胞白血病)検査も行います。

初診時、癌検診の検査も行います。
予定日近くになると分娩監視装置(NST)でお腹のはりと赤ちゃんの心音を確認します。
内診後少量の出血があっても診療の刺激のためですので、心配いりません。
出血が続くようでしたら診察を受けましょう。


妊婦健診を受ける回数

妊娠23週(6ヵ月)まで 4週に1回
妊娠24週〜35週(7〜9ヵ月)まで 2週に1回
妊娠36週〜分娩予定日まで 1週に1回
分娩予定日以後 医師の指示に従う

※予約制です。受付にて予約お受け致しております。
※腹緊(お腹が張る)、出血、腰痛、発熱、胎動が減った時などは電話後、来院してください。
  時間外でも結構です。

 妊婦健診時持ってくるもの  診察券、母子健康手帳、健康保険証、ビデオ