妊娠中の病気、薬品に頼らずに病気を治すホメオパシー治療を行っております。
レメディ・テストのもと、お一人お一人に合ったホメオパシーを処方しております。
後藤産婦人科 0957-20-8123
診療のご案内
施設のご案内
妊婦検診のご案内
入院のご案内
各種教室のご案内
お問い合せ
トップページ
個人情報保護方針
サイトマップ
緊急避妊法指導
男児産み分け相談

後藤産婦人科
〒856-0813 長崎県
大村市西大村本町364
(陸上自衛隊大村駐屯地前)
TEL:0957-20-8123
FAX:0957-20-8124

当サイトはリンクフリーです。
リンクの際はメールでご連絡いただければ幸いです。


診療のご案内

生体エネルギー・気の乱れた部位を発見してその流れを正常に整えるEAV機器、アキュプロX

ドイツを中心に世界の医療現場で二万台以上が普及しているといわれるEAVシステムについて、お耳にしたことはありませんでしょうか?
EAVとはElectro-Acupuncture according to Dr.Voll(Dr.フォルによる電気経絡検査)の略称。
21世紀の医療システムとして注目を集めるEAVシステムですが、なかでもアキュプロXは、信頼性、操作性、サンプルソフトの豊富さで、他の追随を許さない実績を誇ります。
日本でも、より客観的な検査データに基づく東洋医学に関心をもつ医師の方々を中心に導入され、これまで原因を特定しにくかった慢性病治療において、とくに注目すべき成果を挙げています。
東洋医学でおなじみの経絡に微弱な電流を流し、その抵抗値を測定することによって、身体のなかで弱点となっている経絡を指摘。
さらにそこに電気信号化されたホメオパシー情報(※)を流したときの抵抗値の変化を調べることで疾患の影響毒素や効果的な治療法や治療薬を発見し、生体エネルギー・気の流れを理想的な状態へと整えます。
医療や歯科の現場はもちろんのこと、さまざまなセラピーの効果の判定にも活用できます。
EAVシステムなら、日本でナンバーワンの実績を誇るアキュプロXです。
 
※ホメオパシー
ホメオパシーとは、それぞれの患者さんの症状とまったく同じ症状を引き起こす物質を高倍率に希釈して投与する治療法です。

 
抵抗値は95KΩが理想地でこれを50という数値で示すよう設定されています。
50〜65が一般的な健康状態、これより高いと機能亢進傾向、逆に低いと機能低下傾向と判断されます。
また画面で白くなっている箇所をインディケータードロップといい変化しつつある部位と解釈されEAVを使った所見に重要な意味を持ちます。
EAVによる検査は自費診療になります。
初診料:10,000円(以下税込み)
再診料: 7,000円
レメディ(薬)代:5,000円(2週間分)

※要予約で検査時間は30分〜60分必要です。

EAV検査なしでホメオパシーのレメディ(薬)のみ希望される場合、2,500円(1週間分)です。



東洋医学をより客観的なものにした検査システム、
EAV(電気経絡検査)とは、どんなものなのでしょう?

Dr.フォルが理論化したEAVとは、なんですか?  
EAVは1950年代に、ドイツ人の医師フォルが構築した理論に基づく測定器です。彼は経絡に微弱な電流を流し、その電気抵抗値を測定することで、具体的に身体のどの部位にエネルギーの乱れが生じているか指摘する方法を開発。さらに健康に良いものは身体に接触しただけで、エネルギーの流れが正常な値を示すことを発見し、これにより患者さんに最適な薬や、その量を選択することを可能としました。

EAVは、世界でどれくらい普及しているのでしょう?  
EAVシステムは、Dr.フォルの母国である、ドイツを中心に二万台以上が普及し、医療の現場で活躍しています。
ドイツについでロシアでも五千人以上の医師が、すでにEAVのトレーニングを受けています。世界各国の医師、鍼灸治療家、整体治療家に使われているEAVですが、歯科医師の割合が比較的目だつといわれています。これはEAVが全身疾患を歯科との関連で見ることが多いためです。

アキュプロXは、EAVをどう発展させたのでしょう?  
米国のダグラス・レーバーが、フォルの理論に基づきEAVをコンピュータ化したのがアキュプロXです。測定器で測った数値をグラフ化して示すほか測定ポイントを画面に表示します。体のどの部分にエネルギーの乱れがあるか発見できるほか、悪影響を与えている物質を検索。また電気信号化された膨大なサンプルを使って、健康に必要なレメディ(薬)を選択でき、それを電気的に出力することができます。

気の乱れがある部位をどのように測定するのですか?  
EAVでは、被験者がマイナスの電極を握り、測定者がプラス極の器具を被験者のツボに当て、抵抗値を測定します。健康な体におけるツボの抵抗値は95KΩとされ、それより高いと機能亢進傾向、逆に低いと機能低下傾向と考えられます。また上昇した電流が急速に落ちていく状態(インディケータードロップ)は、変化を受けつつある部位とされ、EAVにおける重要なチェックポイントとなります。

EAVによる臨床で使われるホメオパシーとはどんなもの?  
ホメオパシーは紀元前から使われていましたが、200年ほど前にドイツで体系化されました。ホメオパシーとは、それぞれの患者さんの症状とまったく同じ症状を引き起こす物質を高倍率で投与する治療で、類似療法と訳されることもあります。欧米の薬局では大衆薬としてかなり普及しています。アキュプロXでは、1,400種類にもおよぶホメオパシー情報が、システムのなかにデータベース化されています。

レメディテストでは、なにがわかるのですか?  
EAVは、多くのホメオパシーのなかから、適切なものを選びだすことができ、この検索をレメディテストと呼んでいます。また、アキュプロXには病気の影響毒素(バクテリア、ウイルス、かび、重金属、化学物質など)をデータベース化したサンプルも用意されており、症状の原因ともなった物質を探しあてることも可能です。また、その毒素のホメオパシーを服用することにより、健康への好影響も期待できます。